胸の痛みや呼吸困難にも|突如訪れる脳梗塞の脅威|一定時間内の治療で脳梗塞を解消できる
カウンセリング

突如訪れる脳梗塞の脅威|一定時間内の治療で脳梗塞を解消できる

胸の痛みや呼吸困難にも

男の人

初期は無症状が多い

胸にある胸腺という部分に発生するがんは胸腺腫瘍と言われており、胸腺腫と胸腺がんとに分類されています。がんの中では珍しい病気であり、その発生確率は非常に低いとされています。多くの場合は30歳以上の人に見られる病気であり、乳がんなどと違って男女によって発生しやすいということもありません。胸腺腫は増殖速度がとても遅く、胸腺以外の部分まで進行するということが少ないですが胸腺がんは増殖速度が早いために転移することも多くなっています。胸腺腫瘍は初期段階においてはほとんど自覚症状が無く、無症状であるために早期発見が難しい病気でもあります。人によっては胸の痛みがあったり、咳や痰が出るようになり呼吸困難になってしまうことがあります。

免疫細胞療法が有効

胸腺腫瘍は早い段階では手術療法で切除を行い、完全に切除出来ればそのまま経過観察となり不完全な場合は放射線治療も合わせて行われます。症状が進むとそれだけではなく化学療法なども行われるようになりますが、その中でも最近行う人が増えているのが免疫細胞療法です。化学療法で使用される抗がん剤は体の正常な細胞までもが攻撃されてしまうために体への負担が大きいという欠点があります。そこで最近注目されているのが自身の免疫細胞を使った免疫細胞療法です。自身の免疫細胞を使って胸腺腫瘍を治療するため、他の正常な細胞が攻撃されることが無く体への負担を最小限にすることが出来るのです。特に胸腺腫瘍にはNK細胞療法が有効だとして多く行われています。