がんを知る|突如訪れる脳梗塞の脅威|一定時間内の治療で脳梗塞を解消できる
カウンセリング

突如訪れる脳梗塞の脅威|一定時間内の治療で脳梗塞を解消できる

がんを知る

先生

臓器や器官にできたがん細胞が、胸膜に転移したことによって胸膜が炎症を起こした状態を癌性胸膜炎と称します。癌性胸膜炎は、腹膜にがん細胞が点在した状態になるため手術で取り除くことはできないといわれています。癌性胸膜炎を発症した人は、すでに肺がん、胃がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などに罹患している場合がほとんどです。がんが転移した状態の患者を治療することはひと昔前までは非常に困難でしたが、医療技術の進歩によって現在では治療が可能になっています。現在、もっとも大きな注目を集めているのが「NK細胞療法」と呼ばれる最先端の治療法で、この治療法は体に負担をかけないため、手術や抗がん剤を用いた化学療法と比較して大きなメリットがあります。

NK細胞は、ナチュラルキラー細胞のことで、この細胞は人体に侵入した有害な異物を攻撃する性質があります。NK細胞療法は、患者の免疫細胞を活性化させ、癌性胸膜炎を攻撃・破壊することを目的としています。この治療法は、活性化リンパ球療法から進化・発展した治療法で、癌性胸膜炎をはじめとするすべてのがんの治療に適応できます。NK細胞療法は、点滴による全身治療であるため患者には大きな負担となりません。手術の場合には、術後の感染症の心配があり、抗がん剤による治療は副作用があまりにも大きいため、時に抗がん剤自体が免疫力を極度に低下させ患者が死亡する原因を引き起こします。しかしながら、最先端医療の一つであるNK細胞療法にはこのようなリスクがないことが大きな特徴になっています。