病棟

突如訪れる脳梗塞の脅威|一定時間内の治療で脳梗塞を解消できる

がんを知る

先生

癌性胸膜炎は、臓器や器官に発生したがん細胞が、胸膜に転移したことによって発症します。この癌性胸膜炎に対してもっとも大きな効果を発揮するのがNK細胞療法です。ナチュラルキラー細胞を活性化させ、がんを攻撃するこの治療法は、副作用がないことから現在大きな注目を集めています。

View Detail

胸の痛みや呼吸困難にも

男の人

胸腺腫瘍は初期の段階では無症状であることも多く自分では気が付きにくいという特徴がありますが、症状が進むと胸の痛みや咳や痰といった症状の他に呼吸困難になることもあります。胸腺腫瘍には免疫細胞療法が体への負担も少なく多く行われており、中でもNK細胞療法は有効な治療法だとして注目されるようになっています。

View Detail

肥満で運動不足は要注意

病棟

肥満で運動不足だと糖尿病になる確率が高いです。糖尿病とは、食事で摂取した糖分が膵臓から分泌されるインスリンが不足すると、血液の中に入って細胞に取り込まれたりせずに、血液中に留まることで起こる病気です。糖尿病のタイプは大別して2つあります。

View Detail

一刻も早く病院へ

カウンセリング

前触れの症状も

脳の動脈に血液の塊である血栓が詰まってしまい、動脈の先の細胞に酸素や栄養を送ることができずに倒れこんでしまう病気が脳梗塞です。太い脳動脈が詰まった時には、命さえも奪ってしまう病気になります。この脳梗塞が起きる前には、前触れ的な症状が体に現れてくるといわれています。手足がしびれたり、ろれつが回らなくなったり、片方の目の視野が欠けたりします。ですがこの症状は一時的なものが多く、短時間で症状が回復することが多くなっています。短時間で症状が回復してしまうために病院で治療を受けようという人が少ないのが現状で、脳梗塞の発作を起こして「あれが前触れだったのか」と後悔する人も多くいます。脳梗塞の発作を起こした時には、専門の病院で治療を行うことが大切です。現在は一定の時間以内に薬を投与すれば脳に詰まってしまった血栓を、溶かしてしまう薬も開発されています。

すぐに運ぶこと

脳梗塞の治療には血栓溶解療法といって、3時間以内に点滴で薬を投与すれば血栓を溶かすことができる治療方法が開発されています。ですがこれは発症してから3時間以内に投与しなければ、効果がありません。当然発作を起こしてから3時間以上たっていれば、この治療は断念することになります。それでは3時間以上たってしまった場合はどうするのかということになりますが、血栓が詰まってしまった脳の動脈から直接血栓を取り出してしまう治療方法も開発されています。太腿の動脈からカテーテルを差し込んで、脳動脈まで到達させて血栓を直接取り除いてしまいます。これならば3時間以上たっていても、治療が可能です。脳梗塞で倒れてしまったときはなるべく早く、専門病院へ運び込んで治療を行うことが重要になっています。